出産後は髪が抜けやすくなる!

女性ホルモンと髪は、とても密接に関係しています。
ダイエットをしていてホルモンバランスが崩れると、抜け毛が増えてしまう、という話はよくあることです。

 

そんな女性ホルモンの変化が特に大きいのは、妊娠と出産です。
産後は抜け毛が急に増えてしまい産後脱毛症とも呼ばれたりします。

 

妊娠中は、お腹の中で子どもを育てるために女性ホルモンが多く分泌されます。
そのため、女性ホルモンの影響で、妊娠していないときと比べて髪が抜けにくくなった、と感じる人が多いようです。

 

大量に出ていた女性ホルモンは、出産と同時に急激に少なくなっていきます。

 

すると、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜け始めます。
普段より少し多いかなという人から、頭皮が透けて見えるくらいまで抜けてしまう人もいます。

 

このまま全ての髪が抜けていくのではと心配してしまいがちですが、本来妊娠中に抜けるはずだった髪が全て抜けてしまえば、髪はそれ以上は抜けません。
産後半年程度経つと落ち着いてくるというのが一般的です。

 

また、母乳育児をしている人は、母乳を出す女性ホルモンの影響で、髪が細くなりやすいということもあります。

 

あまりに抜け毛がひどいときは病院に行って相談することをオススメしますが、頭皮マッサージをしたり、生活リズムを整えるだけでも改善されることもあります。

 

 

TOPページに戻る