カッサのマッサージ効果で輪郭がすっきりしてきました

購入した美容クリームに、カッサがおまけで付いていました。
数年前にカッサが話題になっていたときから、一度使ってみたいと思っていたものだったので、さっそく使ってみることにしました。

 

カッサとは、中国で昔から使われているマッサージ用のプレートとのことです。
肌をこすって血流を改善するという意味の言葉のとおり、肌をマッサージすることによってむくみが取れて小顔効果が狙えるのだそうです。

 

カッサを使うときは、必ず滑りをよくするためにクリームやオイルなどを肌に塗ります。

 

そして、カッサのいろいろな部位を使って、マッサージをしていきます。、
幅の広いカーブのところは、頬全体や首のラインなどを。
幅の狭いカーブのところは、こめかみや目元などを、といった感じです。

 

この箇所は顔のこの部分を、とは特に決まっていないので、自分の好みのカーブのところを使ってマッサージをすればOKです。

 

基本的に、カッサは、中央から外側へ、下から上へ向かって使っていきます。

 

目元、頬全体、輪郭を右半分だけマッサージして、何もしていない左半分の顔と比べてみました。
すると、明らかに右半分だけがキュッと上向きになっているのがわかりました。

 

たった数分のマッサージで効果があったのでビックリしてしまいました。

 

 

TOPページに戻る