保湿ケアでニキビを改善

10代のころからの肌の悩みと言えば、頻繁にできるニキビです。
20代後半になっても、ニキビの数は減りましたが、常にいくつか顔にできている状態です。

 

オイリー肌だということで、こまめに洗顔をしてみたり、アルコール成分が入っているさっぱりしたスキンケア製品を使ってみたり、自分なりに努力をしてきました。
でも、いくら頑張っても、あまり目立った効果が出ません。

 

そんなとき、ニキビができやすい肌質こそ積極的な保湿ケアが必要との美容記事を読みました。

 

その記事によると、見た目では皮脂量が多いのでオイリー肌だと自覚していても、実は、肌の内部では乾燥していることが多いのだそうです。
ニキビができる原因は1つではないようですが、大人になってもニキビができる人に多いのは、水分と油分のアンバランスだとか。

 

今までずっとオイリー肌だと思っていたので、保湿ケアなんてしたことがありません。
ですが、物は試しということで、初めて保湿ケアに取り組んでみることにしました。

 

肌がさらさらしていることが好きなので、最初のころは、保湿重視のケアをした後の肌のべたつきがあまり好きではありませんでした。

 

ですが、10日間ほど続けていくうちに、肌がもちもちしてきた感じがしてきました。
ニキビも以前よりは、数が減ってきたように感じます。

 

しばらく保湿ケアを続けて、ニキビができなくなったらいいなと思います。

 

 

TOPページに戻る